くーたろさんの写真ブログ

毎日更新!を目標にしています。「写真」は色々なことに気付かせてくれます。また、たくさんの人とも繋がらせてくれます。そんな「写真」が僕は大好きです!このブログに辿り着かれたのも何かの縁。コメント等の足跡を残していっていただければ幸いです!<Since 2012/05/12>    当サイト著作権を破棄していません。 掲載されている写真等の無断転載・無断使用等、ご遠慮くださいませ。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | コメント: -- | edit

The Saikazaki No,2 

( Eos5D MarkIII + EF24-70mm f2.8L USM )

雑賀崎灯台マジックアワー編です

キレイな夕焼けが終わったかと思うと次にもっとキレイなマジックアワーが待っていました

いつも不思議に思うのですが、夕焼けが終わった時点で半数ぐらいの方が帰っていく…
これからがもっとキレイな時間が待ってると言うのに…

この日も約半数のギャラリーが帰って行きました

-- この記事の他の写真を見る 続きはこちらから --

スポンサーサイト

The Saikazaki 

( Eos5D MarkIII + EF24-70mm f2.8L USM )

7月21日(日)
去年の8月以来、久々に雑賀崎灯台に訪れました

この日は、伊丹空港でB787を撮っていたのですが、16時発の便が最終だったので夕焼けを撮りに移動することに…
どこか良いところないかな?って考えた時に浮かんだのが雑賀崎灯台!

写友に空の情報をいただくと…「良い感じですよ~」とのこと!

朝から炎天下の空港で疲労した老体に鞭打って!
ギリギリ間に合うか間に合わないかの冒険を!

-- この記事の他の写真を見る 続きはこちらから --

セントレアで撮りためた色々な会社の飛行機たちシリーズ Vol,2 

( Eos5D MarkIII + EF70-200mm f2.8L IS USM )

セントレアで撮りためた色々な会社の飛行機たちシリーズ Vol,2

だんだん陽も傾いてきて夕方の光になって来た
天気予報で「晴れ」だったので、キレイな夕陽を期待していたのだが…

DELTA Air Lines Boeing 747-451

-- この記事の他の写真を見る 続きはこちらから --

セントレアで撮りためた色々な会社の飛行機たちシリーズ Vol,1 

( Eos5D MarkIII + EF70-200mm f2.8L IS USM )

セントレアで撮りためた色々な会社の飛行機たちシリーズ Vol,1
画像点数が多いのでちょっと重たいで~す

まずは、ジェットスター・ジャパンAirbus A320-232

-- この記事の他の写真を見る 続きはこちらから --

エティハド航空 Manchester City Football Club 特別塗装機 

( Eos5D MarkIII + EF70-200mm f2.8L IS USM )

エティハド航空のマンチェスター・シティFC特別塗装機に出会いました
A330-200 A6-EYE

エティハド航空は、プレミアリーグのマンチェスター・シティFC の公式シャツスポンサーおよびパートナーとして、3 年契約を締結しており、同クラブのユニフォームには、エティハド航空のロゴが描かれています。

初のセントレアで、DREAMLIFTERやマンチェスター・シティFC特別塗装機など、レアな機体に出会うことができました

今回は、何とも言えないおしゃれな塗装のエティハド航空のマンチェスター・シティFC特別塗装機特集です

-- この記事の他の写真を見る 続きはこちらから --

DREAM LIFTER 

( Eos5D MarkIII + EF70-200mm f2.8L IS USM )

7月15日 連休最終日
天気予報を見ると、家から日帰りで行ける距離では愛知県ぐらいしか晴れマークがついていませんでした
と言うことで、以前から一度行ってみたかった中部国際空港(セントレア)に行きました

この日は偶然にDREAMLIFTERに出会うことが出来ました!

以下Wikipediaより
ボーイング787シリーズの部品を各製造国からアメリカの最終組立工場に輸送するために、中古の747-400を改修、改造した大型特殊貨物機である。LCFは Large Cargo Freighter:ラージ・カーゴ・フレイターの略で、愛称は「ドリームリフター」(Dreamlifters)。ボーイング社が所有し、運航はエバーグリーン航空による。 改造は台湾のエバーグリーンアビエイションテクノロジーズ社 (EGAT) により台湾桃園国際空港内のハンガーでおこなわれ、初号機は2006年9月9日、2号機は2007年2月16日、3号機は2008年6月に初飛行した。当初、3機の改造が予定されていたが、その後4機体制としている。

胴体が72mまで延長されており、これほどの機体の大幅な延長は、747ファミリーでは初めてである。機体内部空間確保のために胴体幅・高さともに拡大されたが、機首・主翼・尾部に大きな変化はなく、胴体だけがむくれ上がった奇妙な形態をしている。この姿は、ボーイング自身が「醜い」と称するほどである。垂直尾翼のみ、左右の安定性を高めるために延長し、機体全高は21.6mとなった。機内はコックピットを除いて与圧されていない。貨物搭載部分の容積は、通常の747-400F貨物機の約3倍である。機体後部の左舷側にヒンジを持ち、専用の特殊車両で尾部を支えながら折り曲げるように貨物口を開く。貨物を機内へ積み込むためのリフトを一体化した特殊車両も用意される。こうして愛知県、イタリア・グロッターリエ、カンザス州ウィチタ、サウスカロライナ州チャールストンなどで製造した787の主翼や胴体、エンジンなどの大型部品を、分解せずに機内に搭載し、最終組立工場であるワシントン州エバレット工場へ輸送する。787を1機製造するのに、12回の飛行が必要とされる。当初、ウィングレットは装着したままであったが、試験飛行中に振動(フラッター)が生じたため、急遽撤去されることとなり、747-400ファミリーの中では747-400Dに次いで、ウィングレットを装備しない機体となった。

日本への第一便は2007年1月10日に中部国際空港に飛来し、同年1月12日16時30分にシアトルに向けて離陸した

-- この記事の他の写真を見る 続きはこちらから --

Rainボー!! 

( Eos5D MarkIII + EF24-70mm f2.8L USM )

有料道路を走行中にキレイな虹が出たので慌ててインターを出て車を停めて!!

-- この記事の他の写真を見る 続きはこちらから --

おいしそ~♪ 

( Eos5D MarkIII + EF100mm f2.8L MACRO IS USM )

ムラサキバレンギク
ギリシャ語のechino(はりねずみ)に由来する。管状花の部分がかなり堅く、はりねずみに似ているためであるそうだが、ボクにはイチゴのようなフルーツに見えてしかたない
なんとなくおいしそう(笑)

-- この記事の他の写真を見る 続きはこちらから --

犬島「家プロジェクト」 

( Eos5D MarkIII + EF70-200mm f2.8L IS USM )

アートディレクターの長谷川祐子さん、建築家の妹島和世さんによるプロジェクト
2010年、企画展示を目的とした3つのギャラリー「F邸」「S邸」「I邸」と「中の谷東屋」を公開
2013年、新たに「A邸」「C邸」が加わり、それぞれのギャラリーと集落内にアーティスト5名の作品を公開
集落に点在するギャラリーは、かつて建っていた民家の瓦屋根や古材、透明なアクリル、周囲の風景を映し出すアルミなど多様な素材でつくられています

順番は逆になりましたが、犬島に到着後、精錬所美術館は後のお楽しみにして、島をお散歩!
犬島「家プロジェクト」を周ることにしました

-- この記事の他の写真を見る 続きはこちらから --

タイムスリップ Vol.02 

( Eos5D MarkIII + EF24-70mm f2.8L USM )

犬島の精錬所跡 その2です

この日はドカッと雲が出てきたと思ったら雨が降り出し…少し経つと太陽が出る
超不安定な天気でした
それがまた廃墟を演出する…

-- この記事の他の写真を見る 続きはこちらから --

タイムスリップ 

( Eos5D MarkIII + EF24-70mm f2.8L USM )

7月14日
岡山県の瀬戸内海に浮かぶ小さな島「犬島」に行ってきました

=犬島=
岡山の宝伝の沖約3kmにある岡山市唯一の有人島
花崗岩の産地として知られ、鎌倉八幡宮の大鳥居、岡山城、大阪城、江戸城などにも犬島産の石が使われていました
40年代の銅の精錬業などで隆盛を極めた時代があり、最盛期は5,000人から6,000人あまりが生活していましたが、現在の人口は50人ほど
平成20年4月27日に、財団法人直島福武美術館財団による犬島アートプロジェクト「精錬所(現犬島精錬所美術館)」が開館
平成22年7月19日~10月31日の間、瀬戸内国際芸術祭2010が開かれた際には、犬島も会場の一つとして多くのアート作品が展示され、来島者数は延べ84,000人と大いに賑わった
閉会後も作品の一部が公開されています

※ 面積:0.54km2  ※ 周囲:3.6km  ※ 標高:36m  ※ 人口:54人(H22国税調査結果)

-- この記事の他の写真を見る 続きはこちらから --

逃げないでぇ~! 

( Eos5D MarkIII + EF100mm f2.8L MACRO IS USM )

多可郡多可町のラベンダーパークにて
土砂降りの雨が降り出して慌てて車に帰る途中で…
クロアゲハ発見!
屋根を見つけてカメラを出して!傘もささずにダッシュ!(笑)

-- この記事の他の写真を見る 続きはこちらから --

遅すぎた!! 

( Eos5D MarkIII + EF70-200mm f2.8L IS USM )

7月13日
多可郡多可町のラベンダーパークに行ってきました
時期的にちょっと遅すぎて見ごろはとっくに過ぎてしまっていました
今年は早咲きだったのかな

しかもどんより天気…
到着して30分もしないうちにパラパラと雨が落ちだして…
しまいには土砂降りの雨が降り出して雨宿り(T_T)
途中でカメラはリュックの中に!レインカバーを装着して車まで走って帰るしだい…
ラベンダーパークの全体の絵が撮れてないし…

来年は見ごろを狙って行こっと!

-- この記事の他の写真を見る 続きはこちらから --

のどが渇いたの? 

( Eos5D MarkIII + EF100mm f2.8L MACRO IS USM )

-- この記事の他の写真を見る 続きはこちらから --

夏だねぇ~♪ 

( Eos5D MarkIII + EF24-70mm f2.8L USM )

梅雨が明けたら一気に『夏』ですね~
気持ちいい~♪

-- この記事の他の写真を見る 続きはこちらから --

次は土砂降り?? 

( Eos5D MarkIII + EF70-200mm f2.8L IS USM )

7月10日の夕陽
この日もキレイな夕陽を見ることが出来ました

先日とはまたちょっと違ったキレイな夕陽
先日は雲ひとつ無い晴天でしたが、今日は雲が演出してくれました

-- この記事の他の写真を見る 続きはこちらから --

赤玉パンチ! 

( Eos5D MarkIII + EF24-70mm f2.8L USM )

7月8日
雲ひとつない晴天
真っ赤な夕陽を期待して千里川河川敷に!

期待を裏切ることなく久しぶりにキレイな夕陽に出会えました

ちょうどよいタイミングで飛んでくる飛行機は1~2便
何度もカメラの設定を確かめて…

-- この記事の他の写真を見る 続きはこちらから --

気持ちをシフトして!! 

( Eos5D MarkIII + EF70-200mm f2.8L IS USM )

やばいな(汗)
飛行機ブログになり掛けてる!?(汗)

7月5日
今日はひょっとしたら焼けるかも!?と言う微妙な天気だったので、夕陽をバックに撮れる千里川河川敷にやってきました

結局は思ったようには焼けませんでしたので、「光」をテーマに撮ろう!と気持ちをシフトしました
素直に帰れば良いものを…(笑)

と言うことで、今日は滑走路32L狙いで!

飛行機の光、滑走路灯のあかり、ターミナルビルの照明、住宅などの光…
うまく組み合わさるとキレイですね

-- この記事の他の写真を見る 続きはこちらから --

どっすん! 

( Eos5D MarkIII + EF70-200mm f2.8L IS USM )

7月4日
今日は伊丹スカイパークの南エントランスから着陸を狙ってみました
小雨が降ったり止んだりの天気で、傘ブラケット装着での流し撮り
降るなら降る!止むなら止む!どちらかにしてぇ~!

と言うことで、今日は着陸特集です

-- この記事の他の写真を見る 続きはこちらから --

横から流してぇ~♡ 

( Eos5D MarkIII + EF70-200mm f2.8L IS USM )

7月3日
今日は雨が降っていたのでスカイパークから離着陸時の水しぶきを狙ってみた

伊丹スカイパークは、航空機騒音を和らげる緩衡緑地として国と県と市の3者が協力して平成5年から整備し、平成20年7月に完成した9ヘクタールの広大な公園

高さ約7mの芝生のマウンドを帯状に連続して整備し、【北エントランス】【大空の丘】【冒険の丘】【つつじの丘】【中央エントランス】【星空の丘】【休息の丘】【翼の丘】【南エントランス】と9つのエリアから構成されています

スカイパークの詳しいMAPはこちらからどうぞ!

今回は着陸時の逆噴射による水しぶきを撮ろうと思い【つつじの丘】【中央エントランス】辺りから狙うことにしました!

-- この記事の他の写真を見る 続きはこちらから --

小鳥たち 

( Eos5D MarkIII + EF70-200mm f2.8L IS USM )

7月2日の伊丹空港
こちら側には滑走路14R・14L使用時にしかあまり来ることがありませんが、今日は夕焼けは期待できそうもない空だったので滑走路32Rの離陸側から狙ってみました

こちらの滑走路は1800mと短いのでボーイング737やボンバルディア CRJ、DHC-8、サーブ 340など小型機の離着陸に使われます

-- この記事の他の写真を見る 続きはこちらから --

禁断の扉 

( Eos5D MarkIII + EF70-200mm f2.8L IS USM + トリミング )

6月にマジックアワーに出会えるまで通い続けた伊丹空港
そのおかげで!?かる~い「伊丹空港に足を運ばなきゃ落ち着かない病」になってしまいました(笑)
と言うことで、飛行機ブログにならないとは思いますが、ちょっとだけ病にお付き合いくださいませ(笑)

7月1日は千里川河川敷から滑走路32Lを!先日誤って消してしまったデータのリベンジで!

消してしまったデータの中に、暗闇を降りてくる飛行機のヘッドライトを狙って何枚も撮ったものが有ったのですが、今日はもう一度それを撮りに来ました。

-- この記事の他の写真を見る 続きはこちらから --

願いよ届け! その2 

( Eos5D MarkIII + EF24-70mm f2.8L USM )

機物神社の七夕祭り その2

たくさん撮りましたので続編です!

-- この記事の他の写真を見る 続きはこちらから --

願いよ届け! 

( Eos5D MarkIII + EF17-35mm f2.8L USM )

七夕伝説のまち大阪交野市の機物神社に行ってきました

古代、このあたりは甘くおいしいお米が実る事から甘野(あまの)と呼ばれ、そこに流れる川は甘野川(あまのがわ)と呼ばれていました。
1600年前、この地に来て機織や養蚕の技術伝えた渡来人たちは、遠く離れた異国の地で、故郷と同じ満天の星空を眺めながら、故郷に伝わる七夕の伝説を語り継いだそうです。
やがて、甘野川を天野川となり、ここ交野ヶ原は、平安貴族が狩を楽しむ別荘地となりました。

織姫・天棚機比売(あまのたなばたひめ)大神をおまつりした機物神社では、昭和54年から七夕祭りが復活され、年とともに賑わいを見せています。

-- この記事の他の写真を見る 続きはこちらから --

これが有るからやめられない! 

( Eos5D MarkIII + EF24-70mm f2.8L USM )

フェニックス堺基地の夕景
鳥肌が立つマジックアワーに出会えました

-- この記事の他の写真を見る 続きはこちらから --

海に呼ばれて 

( Eos5D MarkIII + EF24-70mm f2.8L USM )

仕事が終わって空を見るとキレイに焼けそうな予感…
海に呼ばれて…車を走らせ…
もっと南下するつもりでしたが間に合わず…
フェニックス堺基地で夕陽を眺めることにしました

-- この記事の他の写真を見る 続きはこちらから --

どれにしようかな~♪ 

( Eos5D MarkIII + EF100mm f2.8L MACRO IS USM )

どれにしようかな~♪
これだけたくさんおしべがあるとなやんじゃう~♪

6月27日の伊丹の空「マジックアワー編」 

( Eos5D MarkIII + EF24-70mm f2.8L USM )

やっとこさ出会えました!梅雨の合間のプレゼント

日が落ちてその後にやってくる天体ショー
真っ赤な夕陽もキレイだけど、ボクはやっぱりマジックアワーが好き

-- この記事の他の写真を見る 続きはこちらから --

6月27日の伊丹の空 

( Eos5D MarkIII + EF70-200mm f2.8L IS USM + トリミング )

26日は用事で来れなかった伊丹空港
今日は天気も良いのでキレイな夕景に出会えそうな予感!!

やはり、夕焼けをバックにしようとすると、ここ千里川の河川敷からの眺めが最高ですね。

と言うことで、今日も千里川河川敷の空港側から!

-- この記事の他の写真を見る 続きはこちらから --

6月25日の伊丹の空 

( Eos5D MarkIII + EF70-200mm f2.8L IS USM )

伊丹空港に通い始めて4日目
今日もキレイな夕焼けには出会うことが出来なかった

今日は千里川河川敷の空港側から

-- この記事の他の写真を見る 続きはこちらから --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。